無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
FITバンパー補修 最終工程完成編
長きに渡って補修し続けた店主のFITですがいよいよ完全仕上げと参りましょう。

まずは前回、終了目前に降り出した雨の影響は

雨の痕が残ってしまいました(泣

しっかりと足跡を残してくれました。


雨の雫が付いたところは点々と白くなっていますが、塗料が乾ききらないうちに水分が付くとこうなります。ペイントのシンナー成分が気化した隙間に水分が入り込み起きるそうですが、まさか実演してしまうとは・・・

すばやく補修。でも何度目の補修なんだろう?
2000番の耐水ペーパーで軽く撫でて再塗装。

塗装のかけ直しで完成?

これで一応は塗装は終了!
長かったですね(笑
天気が良い日が続いてくれていれば、もっと早かったのにね。
写真の中央の赤みに対してその周辺が白っぽくなっていますが、そのまんまです。白い所は塗料の飛び散ったところで、ザラザラしているので白くなっています。

当然艶なんてあるわけも無く艶消し状態ですので、これから磨きこんで艶を取り戻します。

でもその前にFITのお顔の状態は

塗料の付着とマスキングの痕

とってもぶさいこです。
自分でも何回やり直したのか覚えていませんが、塗装するたびにマスキングしていたのでマスキングテープの糊の痕が残っています。
これもまとめて液体コンパウンドで磨いていきます。
写真撮り忘れましたが”液体コンパウンド鏡面仕上げ用”を使っての磨きこみ。タイプ的には濃い色用がOKです。

それでは磨きこみ開始

順調に磨きこみが進む!

写真の通り赤く塗料がタオルに付いています。これはザラザラになった余計な塗料でして塗装落ちではありません。
店主はやわらかいタオルでやりましたが、出来る事ならばネル素材の物とか磨き専用工具があるのでお金に余裕があればそちらをお勧めします。
霧吹きで水分を補給しながら、びしゃびしゃになる一歩手前で手のひら全体を使って面で当たるようにしっかりと磨きます。
コンパウンドは切らさないように随時補給する事。
足りないと余計な傷が付くかもしれません。(タオルだからかもしれん)

何だかんだでとりあえずは終了。補修完成!お疲れ様でした

いかがでしょうか?
バンパーの右半分を一通り磨いてあります。
補修箇所は写真の中央部分ですがわかりますか?
コンパウンドで磨きこんでからワックスで仕上げてありますよ!

元はこちら

クリックすると元の状態が見れます

塗装の境目やマスキングとの境界線付近とかは磨きづらいので要注意。
店主も磨き足りないところがあったので、今後暇を見てコンパウンドで磨きなおすつもりです。

今回の作業は修理工場にお願いすれば2、3日で終わるものだと思いますが自分でやってみると1ヶ月以上もかかりました。
時間はかかっていますが、毎日やるわけでもないし暇を見ての作業だったせいもあると思います。
何よりお金がかかっていないのが良い(笑
全部で3千円もかかっていませんぜ。
それぐらいの金額であれば工場の見積もりの差額みたいなものですからトライする価値はあったと思います。
今回のは傷だけで押されたゆがみが無かったので自分でやりましたが、他の箇所にもダメージがあるのなら工場に入れた方が良いと思います。

でも、楽しかったです(笑
| 店主 みつ | FITが行く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://master.soup-km.com/trackback/1051543