無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
これでいいのだ
赤塚不二夫さんが2日夕方に亡くなられた。
リアルタイムで漫画を読む機会は少なかったが、天才バカボン、ひみつのアッコちゃん、、魔法使いサリー、モーレツあ太朗とか見てたなぁ
モーレツの頃はUチャンネルが始まってまもなくでさ、自分家のテレビはUチャンネルは映らないんだよね。それでコンバーターを付けて見ることが出来る家に見に行ったりしたね。今じゃ考えられないけど、当時は市営団地に住んでいたこともあって当たり前だった。そもそも白黒テレビがまだまだ多かったし、リモコンなんて無かった時代だし、カラーテレビを買った家があれば、わざわざ見に行ったりもしたね。
そんな良き昭和のおおらかな時代の巨匠が往ってしまったのは残念です。
晩年は病気との闘いで大変だったそうだが、そんなことはお構い無しに大好きなお酒を飲んでいたそうだし、離婚した元妻が立会人、保証人で再婚会見してみたり、店主には考えられない次元の人間でした。でもその風景には暖かい笑顔しか浮かばないんだよね。2004年に倒れてからは意識不明のままで植物人間だったらしい。彼を慕う著名人のブログとかで寝たきりのままの赤塚氏の手を握り笑いながら写された写真を見つけることができ、「笑って接するのが一番だったんだろう」と思う。

長い間、明るく暖かい笑いをありがとう。
菊千代とは再開できましたか?
手塚さん、石の森さん、藤本さんとは会えましたか?
お疲れ様でした。
ご冥福をお祈りいたします。

| 店主 みつ | - | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://master.soup-km.com/trackback/670654
2008/08/05 1:13 AM posted by: 雲
赤塚氏「僕のギャグは関西だ」 「初恋の人」も悲しみ朝日新聞戦後、中国・旧満州から一家で引き揚げた赤塚さんは1946年から約3年間、母の実家がある奈良県大和郡山市で暮らし...